雑学まとめ

2024年からインターネット税の新制度が検討中!負担額は?

綾鷹
綾鷹
・インターネット税って何?

・インターネット税の負担はどのくらい?

こんな悩みを解決します。

インターネット税は

2024年あたりから検討されている新たな制度の導入です。

インターネット税の負担者はインターネット使用者から回収をします。

そのため薄く広く回収することを想定されています。

この記事の内容

・インターネット税の導入時期について

・インターネット税が導入される理由

・インターネット勢の負担額は?

インターネット税の導入はいつ??

インターネット税は2024年での導入を検討されています。

しかし、実際のところは2020年代半ばとも言われています。

ただでさえ日本は5Gの導入のための準備が

2年ほど遅れているので、税金の導入も遅れる可能性もあります。

インターネット税導入の理由

インターネット税の導入は先ほど少し触れましたが

5Gを導入するための準備資金に当てるためです。

総務省によると

5Gの移動通信システムの基盤となる光ファイバー回線を全国的に維持するための

利用環境を整える基地局の設置などに当てるということです。

5Gの特徴としては

・ほぼリアルタイムに通信をすることができる

・4Gよりも速いが電波の飛ぶ距離が短い

このような特徴があげられます。

綾鷹
綾鷹
今回の原因は後者にあります。

今の状態の基地局の数では全国に5Gを広めることができないです。

そのための5G基地局の整備を促すことになっています。

インターネット税の負担価格は?

TV番組の「モーニングショー」で見たところ

2024年から1契約当たり月額「数円」を検討しているとのことです。

支払いの流れは

ネット利用

携帯を含む通信会社など

総務省

地方の光回線事業者など

このような流れで支払う税金の流れはできています。

方向性としてはネット利用者から薄く広く回収するという方向性なので

高額になる可能性は低いと考えられます。

まとめ

5Gの導入により、税の負担が科されることになりましたが

今の中高年の方の中には利用する上で料金があげられる中で

そこまでして魅力的に感じないという意見もあります。

実際に5Gという言葉は浸透していますが

5Gが導入されることで生活にどのような変化が起きるのか

知られていないということも理由の1つとして考えられますね!

実際にどのくらい生活に変化が起きるのか楽しみですね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です